心に残る人

心に残る人

君は心に刺さるから、忘れ難くて…。

心に残る人
笑顔で思い出す君との思い出

笑顔で思い出す君との思い出

 誰の心にもたぶん一人くらいは、心に残る人というものがある。それぞれに理由があって残っているんだろうが、それにしたってその残り方はないよなっていう、そんな人の話を聞いた。話の出もとは、高校時代に同じ部活で仲の良かった野郎だ。月に一度会うか会わないかといった付き合いなのだが、それももう5年も続いている。よく飽きないなと自分で自分をほめてやりたいと思った。

 それで、その悔しい残り方をした人の話なんだが、これが、ねぇ。話してしまえば、ああ確かにその思い出の残り方は嫌だなと言うにちがいないんだろうが、そのせいでその話さえもしづらい。なんでかって?だって言われた側に立って考えると、言われるのは嫌じゃん?お前あいつにこれこれこんなふうだったって記憶されてるぞ!みたいなことを直接言われたとしたら俺は嫌だし、ましてや自分の知らないところで勝手に話されて笑われるのも嫌だもんね。

 そんなことを考えながらの帰り道、電車が止まったのでホームに降りた。どこかから美味そうな蕎麦の匂いがする。

 「あれ?北沢じゃない?どうしたのこんなところで。」

 かけられた声に思わず振り向いてしまうと、そこには例の残念な思い出の君がいた。驚いた偶然だ。

機械オンチと方向オンチ足すと最強

機械オンチと方向オンチ足すと最強

 昨日まで帰っていた実家があるのは、この街から百何キロか向こう。そして月一で会っている野郎もその街にいる。俺達の高校はその街から少し離れた都市部にあって、その残念さんは、その高校での思い出話だ。なのでまさかこんなところでバッタリ再会するとか、思ってもみなかった。

 「どうしたの?黙りこんで。ていうかさ、あんたココらへん詳しい?もしそうなら案内してほしいんだけど。」

 どうしようかと考えるところまで俺はまだ追いついていない。なにせびっくりしすぎて、未だ一言も返せていない現状だ。

 「ちょちょちょ!ほら!区民会館って所まで案内して。ぼーっとしてないでさ!」

 強引に手を引っ張られて、ホームを連れて行かれる。仕事帰りの人で賑わう少しだけ大きな駅だ。引かれながらドンと、すれ違う人と肩がぶつかったりもした。

 「きたざわ!どんくさいよ。さっさと用事済ませて宿に行きたいんだから。ほら、急いで」

 容赦無いひっぱりが、その言葉でピタッととまった。見ると片手で携帯を出して、メールチェックをはじめている。

 「文京区・・・これなんて読むんだろう?ね、きたざわ、これ?」

 後楽と書かれていた。

 「住所あるなら、スマホでマップ開けよ。」

 ようやく出た言葉が、それだった。

 「好かん。スマホとかでっかすぎてしゃべるのも大変だし!」

 「・・・ああ、そうだったな。お前、機械オンチのまんまなんだな。」

 「オンチと違う!体質が合わないだけ!こう見えてもテレビとビデオの配線なら得意なんだから。」

 「・・・今時、配線する? 無線でつながんだろが。」

 「好かん!ケーブル繋いだほうが音とか画質とかいいもん!」

 かわんねえなぁ。と、思った。5年会ってないのにあの頃のまんまの会話がある。俺は少し笑って、そいつの携帯を覗きこんだ。

 「えーと、文京区後楽の・・・」

 「きたざわ!スマホ使えるの?!」

 「どういう意味だよ・・・。今時使えないほうが珍しいってのに。」

 「いや、だって、きたざわってあたしと同じくらいの成績だったじゃん。なのにスマホ使えるんだ・・・」

 「おいおい、なんだその『だったら私も頑張れば使えるかも』みたいな目は? 」

 「だって、きたざわにできるんだよ!だったら私にだってできないわけないじゃん!」

 そうなんだよな、この馬鹿。いや、成績どっこいどっこいだからそう言ったら俺も馬鹿なんだけど。

 

心残りと言わば言え。

心残りと言わば言え。

「あー!!時間があと十分しかない!! ほら、きたざわ、早く案内してー!」

 「なつき、よく聞け。ここに行くならもうひとつ前の駅からだ。」

 「えー!?」

 「ここからだと、歩いて20分はかかる。電車でひと駅戻れば、歩く時間を入れても10分ちょいだ。」

 「それでも遅刻じゃない!!どうしよ、ねえ、どうしよ!」

 おろおろと慌てるさまが本当に残念さんだ。これで口を開かなけりゃ、学年で1,2を争う見た目だったのにな。

 「なつき!とりあえず先方に電話して、少し遅れるって。理由は・・・電車の遅れでって言っとけ。」

 「なるほど!さすがきたざわ!」

 ピポパポっとガラケーの電子音がした。なつき、この残念さんの名前なんだが、フルネームは 結城 なつき という。ちなみに俺の名前は 北沢 大成。実は俺達、幼なじみだ。保育園から同じ学校に通っていたと思う。クラスも同じクラス率高かった気がする。昔っからこんな感じで、ひとりでひとしきり大騒ぎして、まわりにいるみんなを巻き込みながら生きてきた奴だ。

 「よかった。病院大丈夫だって。」

 「は?」

 「だから、病院にね、母ちゃんのお見舞いに来たんだわ。6時まで面会できますよって言われてたから焦ったよ。」

 「どっか悪いのか?おばさん」

 「いやいやいや、大したことない。ちょこっと腰が痛いって検査受けたらヘルニアで、昨日かな、手術したところ。」

 「お前、それけっこう大したことだぞ。」

 「父ちゃんもやってるし、うちだと大したことないになるみたい。」

 はぁっとため息がでた。

 「ねえ、きたざわ。ここで電車待ってたらくる?」

 「あ、ホーム向こうだ。ほら、行くぞ。」

 「うん!」

 てくてくと歩くなつきの横顔を見て、俺はなんだか懐かしい気持ちがいっぱいにわいてきた。手に持った荷物をぶんぶんと振り回して、なにか聞き取れないくらいの小さい声で歌をうたっている。まったく、かわんねえなあ。

 「そだ、きたざわ。私来月結婚するよ。式くる?」

 「結婚って、また大仰なことをさらっと言ったな。普通ははがきとかで連絡してくるもんじゃねえのかよ?!」

 「だって私、きたざわの連絡先しらないもん。」

 「うちの母ちゃんに聞けばいいだろ!?」

 「聞いたらさ、なんか難しい顔されちゃって。あの子が残念がるから、呼ばないでやってって言われちゃってさ。」

 「うちの母ちゃん何をどう思ってんだ?!」

 なんだかおかしなことになっているらしい。まあ、毎度のことだが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です