4. 幸福になる第一のルールは、 自分の不幸について 決して人に話さないこと。

 家につくと望外の客がいた。昼間に見た被害者と呼ばれていた相手だ。

 「ちょっと、どういうことよ!これ!?」

 「わー!姉ちゃんまったまった!」

 「何をどう待てっつんだよ!ああ!?どういうことか全部話せや!このボケ!!」

 「…姉ちゃん、引退して10年ぐらいたつんだから、それやめよ。頼むから。」

 被害者の女性は、頭にちょこっと包帯をしているだけでそれ以外には外傷は見当たらない。

 「まあまあ、おちついて。キミちゃん、お腹すいてない?」

 「すいてないよ!てか、お母さん!この状況を何受け入れてんのよ!?」

 「だってねえ、こういうこともあるでしょう。というか、あなたが高校卒業するときに連れてきた怖い人たちと比べたら、平気じゃないのよ〜。」

 「どっち?平気なの?平気じゃないの?どっち?」

 さてどっちだろうね〜と言いながら、母さんは台所の方へと歩いて行った。

 「で、何しに来たの?慰謝料の請求?」

 「姉ちゃん!そういう言い方は…。」

 「じゃああんた!この状況で他に何があるって言うのよ!」

 場の空気が一気に緊張していく。これは、懐かしの、修羅場だ。

 「たく、姉ちゃんはそんなだから嫁の行きてがないんだぜ。俺を見ろよ、こうやってちゃんと連れてきたろ。嫁さん。」

 はあ?!っとなってしまった。

 「はじめまして。あの、私健吾くんと同じ大学に通っている、西山京子って言います。」

 はじめて被害者が口をきいた。以外に可愛い声だ。

 「今日はあの、健吾くんに話があって、それであの…。」

 「後をつけてたところで、たまたま飛んできた石がガラスを割ってその破片でちょこっとおでこを傷つけたんだよな。」

 「あ、はい、そうです。」

 「そしたらさ、そこにたまたまあの若い巡査が来てさ、それで交番まで連れてかれていろいろ話をしているうちに、こういうことになっちゃったわけ。」

 え?っと頭の上でクエスチョンマークが踊った。

 「…それなら示談も何も、書類送検される前に被害者側から問題ないって言えばそれですむ話じゃん?」

 「さすが、場慣れしてきただけあるね。」

 健吾が変な合の手を入れてくる。

 「私もそうしようと思ったんですが、あの、怖い感じのお巡りさんが調書だけでもとるって言い出して。」

 「…なんで?」

 「わかりません。」

 「アレじゃない?年末で成績がどうとか、スピード違反の取締みたいなやつ。」

 「んだっとー!あのポンコツお巡りめ!ちょっと文句言いに行ってくる!」

 「駄目だって姉ちゃん。このままほっとこ。」

 「それこそなんで!?お前このままじゃ前科ついちゃうんだぞ?!」

 そこまで言ってハタッと気づいた。

 「お前…。」

 「姉ちゃんが騒ぐとまた昔のことぶり返されっかもしれないっしょ。そんなの面倒じゃん。せっかく落ち着いてきたってのにさ。」

 「…ざっけろ!ったく…。」

 「前科ったってどこに晒されるわけでもないしさ。大学だって調べないでしょ。仮に調べられたってどうってことないけどね。」

 まったく、この馬鹿はいっつもこうだ。どこまで出来杉くんなんだよ!

 「あらあら、話は終わった?」

 「お母さん!どういう教育したらこんなふうに育つんだよこいつ?!」

 「おかしいわねえ、私があなた達のお母さんになってからは、ふたりとも同じように接していたはずなんだけどねぇ」

 「姉ちゃんから教わったことがほとんどだよ〜。」

 するとそこに、被害者から嫁に代わった京子さんが割って入ってきた。

 「ご心配かけてごめんなさい。これからはお義姉さんを見習ってちゃんとしっかりします。」

 母と弟が顔を見合わせてから言う。

 「それだけはやめて。お願いだから、見習わないで。」

 こうして私の家にまたひとつ、幸せがやってくるのが感じられた。あとでお父さんにちゃんと報告しておこう。