4. Dir boy, I am a girl.

リビングに入るとそこには、贅沢に飾り付けられた料理の数々と、アイストールに入れられたワイン、そして「Happy for you. I love you.」とチョコでコーティングされクリームで飾り付けされた手作りのケーキがあった。

 

なぜ今日こんなことを?

見るとそのすぐ隣には、一通の封筒が置かれている。

Dir boy, I am a girl. 
I love you, becase you are nice guy.

ありがとう、長い間。
今日やっとアパートが借りれた。
シェアだけど、ゲイの男だし、あんまり身の危険は感じてないの。

長いことごめんね。でもなんか離れがたくて。
だからこれはお礼とお詫びです。

 

カレンダーを見ると、今日は俺の誕生日だった。並べられた料理の数々は、遠方の市場まで早朝に行かないと手に入らないものもある。俺が教えた食材だ。今朝何も言わずに出かけた理由がはっきりした。それと同時に、俺の中でこのところずっともやもやしていたものが形になった気がした。

 

俺はアパートを飛び出し、道のはるか先に彼女の後ろ姿を見つける。

まだそんなに遠くヘはいっていない。ひさしぶりの全力疾走はとてもこたえたけれど、なんとか彼女に追い付くことはできた。

 

夕闇が迫る、クイーンズランド。その通りを荷物を引きずり歩く彼女の、ちょうど3メートル後ろをついて歩いてゆく。彼女はとうに気づいているはずだ。俺は意地悪で声をかけない。

 

「トシ!...なんで、ついてくるのよ!?」

ついに彼女が声を発した。俺は黙って後についてく。

 

「ついてこないでよ。出てけって言ったの、あなたの方でしょ。」

まだ、もうすこし。

 

「来ないでよ!バカトシ!なにか用があるっていうの!?」

爆発した彼女は足を止めて、俺の方に背を向けた。...泣いているようだった。

 

「出てくから…。迷惑かけてごめんなさい…。だから嫌がらせみたいな真似はやめてよ…。」

俺は彼女に近付いて、そして両方の肩に手を置いた。

 

「仕事はまだ決まってないだろ。なのになんで部屋を見つけるんだ?順番が逆だろ。」

「馬鹿にしないでよ!仕事ぐらいすぐ見つかるわよ!女だって強みがあるんだから!!」

その言葉に、俺の中の何かは傷ついたようだった。そこでやっと自分の心を知った。

「...頼みがあるんだ、それを聞いてくれたら出て行かなくても良い。」

彼女は一瞬ひるんだようだった。それが何なのか、俺の言葉を待っている。

 

「結婚、してくれるか?紙切れ一枚の契約で不安なら、もう二三枚書いてもいい。おれからの譲歩はそれだけだ。」

クイーンズランドの湖畔に日が沈んでいく。ケーブルカーにはもう明りが灯っている。季節はいま、暖かくはあるが、もうすぐ寒い日々が始まる頃だ。雪の頃は観光客が世界中から押し寄せてくる。そうすれば彼女にもシェフかパティシエとしての働き口が見つかるかも知れない。

俺の仕事は、季節に関係なく日々同じ事のくり返しだ。だから彼女がいたら、俺には変化が手に入るだろう。そうして彼女には、何をあげられるだろうか?

 

一緒に家に向かいながら、彼女は俺からの申し出に、二つ三つ、条件を出した。

俺はそれを快諾した。想像していたよりもずっと少なく、そして簡単に思える条件だった。